化粧品の役割ってほんとうのところは何?

肌の透明感を手に入れたいと思った時にとても重要なスキンケアは化粧水ですよ。

洗顔後にパッとつける化粧水ですが、化粧水をおろそかにするともっちりした肌にはなりません。

水分をたくさん浸透させることで、肌にはハリや弾力がでてふっくらと女性らしい肌になります。

化粧水を手に取って顔につけるのですが、それは手でやってますか?それともコットンを使っていますか?

肌の乾燥具合は肌質によっても、年齢によっても全然違います。例えば乾燥を感じている人なら人より多くつける必要がありますし、脂性肌の人は付けすぎるのは禁物です。

洗顔後は実はすごく水分が蒸発しやすい状態になっています。というのも、肌の表面は油分と水分のバランスを取ろうとしているので、洗顔で油分が無くなったら肌はバランスを取ろうと水分を減らそうとするのです。

だから、洗顔後に化粧水をして水分を補給します。そしてすぐに乳液で油分を補給することで、高い水準で油分と水分のバランスが取れるというわけです。

乳液が必要なのは、化粧水でうるおいを浸透させた水分を逃がさないように「フタ」の役割をするためです。同時に油分を補給して、水分と油分のバランスを取っています。

また、スキンケアの時にはマッサージをするのも効果的です。顔をマッサージすると血行がよくなります。血液は温かいほどスムーズに流れるので、血流が良くなるとそれだけ栄養が肌の末端の細胞にまで行きわたらせるというわけです。

ちなみに美容液はどのタイミングでつけるかご存知でしょうか。

実は化粧水と乳液の間です。これを知らない人が意外と多いのですが、ちゃんと順番を守って付けると効果的ですよ。

化粧水でおすすめはドレスリフトです。ドレスリフトの口コミはこちら