手軽でおいしい料理を毎日家庭へ

結婚するまでは料理などを積極的にしたことがなかったため、包丁の握り方や調理方法や調味料の使い方といったことを一切知識がなく未開拓の地でした。
しかし最近、結婚を機にこのままではいけないと料理教室に行き始めました。

料理教室では初心者クラスだったので同じレベルの人が集まり、基礎のきから学ぶことができました。
そこで学んだことが、ふつうであれば当たり前と感じられるかもしれないことも、
今まで全く手をつけてこなかった私にとっては目からうろこであるようなことが多く、学びの連続でした。

調味料はきちんと計量スプーンではかるなどしてこず、母のような目分量で作れるものばかりおもってましたが、
母は過去の経験からできただけであって経験あってこそ目分量で調理を行えるのだと気付きました。

それから気づきの連続であった料理にはまり、色々な料理サイトをみて、
みよう見まねできちんと分量を守りながらレシピ通りつくることを守るととてもおいしい料理ができることをしりました。
今では、お菓子作りにもはまり、イベントごとに料理を楽しんでます。